★ユナイテッド、得点力不足解消の鍵はフェライーニ 監督が「ストライカーとしてプレーできる」

(c) goal.com
マンチェスター・ユナイテッドは26日、チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ2ndレグで、クラブ・ブルージュと対戦する。ルイス・ファン・ハール監督は前日会見で、MFマルアン・フェライーニの存在が得点力不足を騒がれているチームの解決策になり得ると述べた。

記事全文

マンチェスター・ユナイテッドは26日、チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ2ndレグで、クラブ・ブルージュと対戦する。ルイス・ファン・ハール監督は前日会見で、MFマルアン・フェライーニの存在が得点力不足を騒がれているチームの解決策になり得ると述べた。

プレミアリーグ開幕から3試合で2得点、うち1得点はオウンゴールというユナイテッド。FWウェイン・ルーニーはまだゴールがなく、ストライカーの得点力不足が騒がれている。バルセロナFWネイマールやバイエルンMFトーマス・ミュラーへの関心が報じられるのも、ユナイテッドのゴール不足が理由かもしれない。

だが、ファン・ハール監督は補強をしなくてもフェライーニが問題を解決できると考えているようだ。クラブ・ブルージュとの1stレグで、終了間際に貴重な3点目を奪って3-1の勝利に貢献したフェライーニについて、指揮官は次のように語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

「彼は9番の位置でも、10番でもプレーできる。6番も8番もできるが、今季はより9番や10番でプレーするだろう。ほかの位置には別の選手たちがいるからだ」

一方、会見に同席したフェライーニ本人は、次のように語った。

「以前に10番や9番の位置でプレーしたことはある。だから、その位置でもプレーできるよ。チームを助けることができるはずだ。中盤でプレーするのと、ストライカーをやるのは別物だ。でも、僕は自分がプレーできるすべてのポジションを楽しむよ」

また、ファン・ハール監督は1stレグで3-1と勝利しているとはいえ、気を緩めることはできないと強調している。

「我々はまだ予選を突破したわけではない。非常に重要な試合だ。選手たちも簡単にとらえていることはないと思う。我々は先週と同じ準備をしてきた。彼らのアプローチが先週と違うということはないだろう。フェライーニのゴールは大きかったね。より自信を持って2ndレグを始められる」


提供:goal.com

2015年8月26日(水)12:05

mixiチェック
LINEで送る
戻る
(C) CWS Brains, LTD.