★11年ぶりリーガ黒星発進も…ピケ「シーズン終盤より今負けた方が良い」

Getty Images
バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケがコメントした。スペイン『マルカ』が報じた。

記事全文

バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケがコメントした。スペイン『マルカ』が報じた。

バルセロナは16日に敵地で行われたリーガエスパニューラ開幕節でアスレティック・ビルバオと対戦。3連覇に向けて良い形でスタートを切りたかったが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの不在や、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの負傷交代もあり、0-1で敗北した。この試合にフル出場したピケは試合後、こう述べたという。

「シーズンの終盤より、今負けた方が良い。僕らのバッテリーを充電できるからね」

「非常に難しい場所だ。僕らは争いのなかで今の状況に追いやられてしまった。簡単じゃなかったし、彼らから多くのプレッシャーを受けてしまったね」

「僕らが良くないとき、それは彼らのアドバンテージになる。でも、後半は引き締まったよ。最終的に、ディティールが僕らを殺してしまったけどね」

「とはいえ、僕らはプレシーズンが終わったばかりだ。それに、新しい選手もいる」

11年ぶりにリーグ戦黒星スタートのバルセロナは25日に行われる次節、ベティスをホームに迎え撃つ。

2019年8月17日(土)11:10

mixiチェック
LINEで送る
【関連ニュース】
“バルサのニューカマー”ファティ、帰化目前! 20日にもスペイン国籍取得か
バルサ、J・アルバが左足を負傷…離脱期間は2週間超か
チャビ、CL優勝候補3チームを挙げる「バルセロナと…」
バルサ、躍進続けるアンス・ファティの契約更新へ
負傷明けメッシが今季初出場…バルサ指揮官「十分やってくれた」
戻る
(C) CWS Brains, LTD.