★ファンから“家に帰れ”チャントを歌われたモイーズ「ここに留まりたい」

Getty Images
▽レアル・ソシエダを率いるデイビッド・モイーズ監督は、今後もクラブに留まることを明かした。スペイン『アス』が伝えている。

記事全文

▽レアル・ソシエダを率いるデイビッド・モイーズ監督は、今後もクラブに留まることを明かした。スペイン『アス』が伝えている。

▽18日にホームでアトレティコ・マドリーと対戦したソシエダは、かつてソシエダでプレーしたFWアントワーヌ・グリーズマンのゴールなどで2点を奪われて敗戦(0-2)。ここまでのリーグ戦8試合でわずか1勝(3分け4敗)しか挙げられず、現在は16位に位置している。

▽そして、アトレティコ戦後にはスタンドのソシエダファンから「家に帰れ」といったチャントが歌われた。ティム・シャーウッド監督の後任として、アストン・ビラの指揮官就任の噂もあるモイーズ監督だが、本人はソシエダで指揮を執り続ける意志があると明かしている。

「プレシーズンの間、私にはいくつかのクラブから接触があった。しかし、それは普通のことだよ。でも、私の意志はラ・レアル(ソシエダの愛称)に残ることだった」

「私は他のことについて考えていない。ハードワークと選手たちの決心を見たはずだ。私はとても満足している。そして、ここに留まりたい。私の心に疑いはないよ」

2015年10月19日(月)16:58

mixiチェック
LINEで送る
【関連ニュース】
【ラ・リーガ第7節プレビュー】セビージャvsアトレティコ! “FIFAウイルス”懸念の代表戦明け初戦
「愛されてるねぇ」日本代表から帰ってきた久保建英をソシエダが“優しく”歓迎「あたたかく素敵なチーム」
ソシエダ育ちのCBが久保建英に驚いたことを告白「まさか、こんな人だとは思っていなかった」
ソシエダの久保建英が周りからの印象とのギャップを告白「実はめちゃくちゃしゃべります」
久保同僚のダビド・シルバ、若い女性への暴行で1000ユーロの罰金処分
戻る
(C) CWS Brains, LTD.