★スタメン落ちに不満のアザール、マドリー移籍を匂わせる無言の抗議

Getty Images
▽17日のアストン・ビラ戦でスタメンを外されたチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、自身の扱いに不満を持っているようだ。イギリス『101greatgoals』など複数メディアが、同選手のSNSを用いた無言の抗議を伝えている。

記事全文

▽17日のアストン・ビラ戦でスタメンを外されたチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、自身の扱いに不満を持っているようだ。イギリス『101greatgoals』など複数メディアが、同選手のSNSを用いた無言の抗議を伝えている。

▽開幕から低迷が続くチェルシーは、17日に行われたプレミアリーグ第9節のアストン・ビラ戦でこれまで“アンタッチャブル”な存在と見られていたアザールを先発から外す荒療治を行った。

▽また、試合後にアザールをベンチスタートとして理由について質問を受けたジョゼ・モウリーニョ監督は、「アザールを外したのは(チームの)失点が多かったからだ。今後アザールを起用するのか、今日のような戦いを継続するのかはこれから考える」とコメント。現在のチーム状況において、同選手が絶対不可欠な存在ではなくなっていることを示唆した。

▽これを受けて、自身の扱いに不満を持ったアザールは、自身の『インスタグラム』を通じて、スペインメディアが自身のレアル・マドリー行きを報じたニュースに『LIKEボタン』を押し、移籍希望を匂わせる態度を取った。

▽なお、以前にバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ルイス・エンリケ監督と衝突した際に、移籍先の候補に挙がっていたチェルシーと同クラブに在籍する選手をフォローすることで抗議の意思を示していたことがあった。

▽アザールはおそらく、それを模倣する形でモウリーニョ監督への不満を示したようだ。

2015年10月20日(火)0:30

mixiチェック
LINEで送る
【関連ニュース】
バークリーがアストン・ビラにレンタル!今夏5人目の補強
試合中のトイレで脚光のダイアー、PK失敗の相手選手を慰めるスポーツマンシップ溢れる行動では“手洗い”が注目の的に!
師弟関係に影響は? モウリーニョとランパードがピッチサイドで口論、両者が試合後に振り返る
PK戦の末にダービー制したトッテナムが準々決勝進出! チェルシーはヴェルナー初弾も及ばず…《EFLカップ》
超過密日程のスパーズ、モウリーニョは古巣対戦もEFL杯を捨てる覚悟 「戦いたいが無理」
戻る
(C) CWS Brains, LTD.