★リバウド氏「今の時代に私がプレーしたら複数回バロンドールを取っている」

Getty Images
▽かつてブラジル代表やバルセロナ、ミランなどで活躍したFWリバウド氏が、現代のサッカー界について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。

記事全文

▽かつてブラジル代表やバルセロナ、ミランなどで活躍したFWリバウド氏が、現代のサッカー界について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽リバウド氏は現役時代パルメイラスやバルセロナ、ミラン、オリンピアコスなどでプレーした。1997年から2002年まで在籍したバルセロナでは公式戦216試合で120ゴール8アシストを記録し、2度のリーガエスパニョーラ制覇に貢献。1999年にはバロンドールとFIFA最優秀選手賞を受賞した。

▽バルセロナの本拠地カンプ・ノウのプロモーションイベントに参加したリバウド氏は、現代のサッカー界について言及。自身の現役時代よりもレベルが低いと語り、もし今プレーすればバロンドールを複数回受賞すると主張した。

「私の現役時代には、多くの偉大な選手がいた。私自身もそうだし、フィーゴ、トッティ、デル・ピエロとかね」

「今もしプレーしていたら、私は何回かバロンドールを取っていただろうね。クリスティアーノ・ロナウドとメッシが周りの選手たちがあまり良くないことを証明している。試合数よりも多くのゴールを決めていることが物事が正しくないことを示しているよ」

2017年12月21日(木)22:41

mixiチェック
LINEで送る
【関連ニュース】
王国ブラジル屈指の点取り屋、ロマーリオがバルサで見せた圧巻のループシュート【インクレディブル・ゴールズ】
身長170cmのメッシがCL決勝の舞台で決めた珍しいヘディングゴール【インクレディブル・ゴールズ】
オーバの確保急ぐアーセナル、新契約提示へ… 昇給含む3年契約か
「この状況では無理」バルセロナ会長、ラウタロとネイマールの獲得を否定
ラキティッチの行き先候補に古巣セビージャが浮上?
戻る
(C) CWS Brains, LTD.